銀座の美容外科で輪郭形成の治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生まれつき顔の輪郭が他の人に比べてスクエア型であったり、余計な脂肪がついてしまっていることで顔全体が大きく見えてしまっていることにコンプレックスを感じている方は少なくありません。太っていることが原因で顔周りに余計な脂肪がついていることで顔が大きく見えてしまう場合は、エステサロンに通い、フェイシャルエステを受けたり、自分で計画的にダイエットを行うことで解消することも可能です。
しかし生まれつきの骨格が原因の場合や、噛みしめ癖が原因でエラの部分に当たる咬筋が発達してしまうことで、エラが張り出したような顔立ちになっている可能性があります。そうなるといくらダイエットをしても体だけがスリムになり、顔の大きさは変わらないアンバランスな状態になってしまいます。

体に負担が少ない輪郭形成術とは

銀座にある美容外科で行われている輪郭形成術には、骨切り術と呼ばれる手術を行う方法が一般的でした。技術経験の豊富な医師が顔の骨格で張り出している部分を、手術によって切除してしまうことで、確実にフェイスラインをシャープな印象に仕上げることが出来るメリットがあります。
骨切り術は、体にかかる負担が高いリスクがあるので、施術を行った後は腫れや内出血、痛みなどが治まるまである程度時間を掛ける必要が出てきます。そのことから有給や長期休暇をとってから施術を受ける方が一般的でした。しかし最近では骨切り術を受けずに、体に負担をかけない小顔治療として注目されているのが、ボトックス注射を利用する方法です。銀座の美容外科ではかなり定番の施術の一つで、日帰りで受けられる特徴があります。

ボトックス注射を受けるメリット

美容外科で小顔治療の一つとして人気が高くなっているボトックス注射とは、顔の発達した筋肉に注射することによって、一時的に筋肉を麻痺させて動きにくい状態にすることができます。そうすると発達して太くなっていた咬筋は、時間と共に細くスリムな状態になっていくので、自然にフェイスラインがスッキリとして小顔効果を実感することが出来るメリットがあります。
骨切り術と異なり、部分的に注射を行うだけなので麻酔処置も必要なく、注射跡もほぼ残りません。ボトックス製剤は注入後約3日~1週間で効果を実感することが可能で、注射から約3ヶ月から6ヶ月かけて効果を持続させることができます。徐々に体内に吸収されていき、最終的には体外に排出されるので体の中に薬剤が残る心配もありません。

ピックアップ記事

銀座の美容外科で輪郭形成の治療

生まれつき顔の輪郭が他の人に比べてスクエア型であったり、余計な脂肪がついてしまっていることで顔全体が大きく見えてしまっていることにコンプレックスを感じている方は少なくありません。太っていることが原因で...

立地も便利な銀座の美容外科

美しくなりたいと願った時に便利なのが美容クリニックを利用することです。美容クリニックは日本全国にありますが、中でも銀座にある美容外科は立地が良いので便利に通うことが出来るのがメリットになります。このエ...

銀座の美容外科でカウンセリングが受けられます

銀座の美容外科のクリニックは、丁寧な問診やカウンセリングが受けられるので、納得が行くまで医師に不安や悩みを相談しやすいです。優れた技術を持っている医療スタッフが在籍をしており、一人一人の顔や体の悩みに...


コンテンツ

カテゴリー